こんにちは高橋です。反響大きかったこのシートですが既に重賞レースに於いて2019年度~現在までの収支は

皆さんが知っている通り大幅プラスです(単勝)

参考はこちらをご覧ください

本来ならば昨年の重賞全て検証したかったのですが、スペースの都合もあり今回は昨年のGⅠ全レースを

スクリーンショットにしました。対象外のレースもありますのでご了承ください

画像を引きのばしているので見にくいかも知れませんが、対象は7Rしかありませんでした・・

内、2Rで勝利、4Rで複勝といった成績でした。

画面右端は、今現在私の新しいバージョンをテストしている項目が追加されてます。今は無視してください

2018年GⅠに危険馬が1頭もいないレースが無かった事に驚きました、サンプルは少ないですが、下位指数は走っていませんね。

これは2017.16.15.14と言う風に過去のGⅠを検証しなくてはいけません。

ただ3位までの+馬は全て連対しているので、+馬が3位以内なら軸にふさわしいとも言えますね

ここまでだとただデータの垂れ流しになるので一歩踏み込んで

コンピ指数1位~3位の中で+値が最も高い馬を買った場合の回収率

2018年に限って言えば

26戦 1着9頭 2着4頭 3着3頭 着外10頭となり

回収率は単勝的中率34.6% 回収率93.8%に複勝は的中率53%回収率73.8%と 2019重賞データ通り 単勝に向いている事が言えます

がしかし、やはり対象外のレースは除外したいところですが

2018年の場合連対率50%なのでコンピ1位~3位内選択であっても1番人気と同等の軸馬を選べている事になります

あくまで参考までに・・また時間がある時2017年度版も確認したい

この記事参考になりましたらポチっとお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です