阪神です

高橋です。阪神の方は頭数が少ないせいか、ご覧の様な成績になっています

1位期待値は全て90以上で強く、荒れる3大要素の項目を満たすレースが無く、堅めのシート見解で堅い結果なっています。軽く読み流してください

次に中山

10レースと11レースは共に11位が台頭してしまいエリア外の結果になってしまいました。

一番波乱要素の高かった12Rは+馬で2.3着となりました。

サロンの中でこのシートを使った馬券術を公開していますが昨日の阪神1Rに続き12Rが対象で的中と言う事になっています

重賞の方ですが、セントウルSも京成杯AHも1位~3位の選出法では共に連対

セントウルSでは重賞反映記事でも触れた5~7位(6位)が2着に・・メルマガが不的中の中、申し訳ありませんが的中となりました。

一方の京成杯は1位~3位のうち3位のディメンシオンが+値が最も高く選出法でならこちらが軸に・・2着となりました。

シートを使った馬券術の成績近3ヶ月

8月度 ワイド 的中率68%  回収率118.1%
8月度 馬連  的中率40%  回収率174.6%

7月度 ワイド 的中率89.4%  回収率100.7%
7月度 馬連  的中率52.6%  回収率91.4%

6月度 ワイド 的中率95%  回収率104.8%
6月度 馬連  的中率55%  回収率125.3%

トリガミと利益を繰り返しながら投資していく手法です

詳細はサロンで公開中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です